トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

歌によるメッセージ

今回は歌詞引用無しに挑戦。

中島みゆきさんの歌については、このブログを始める前からいろんなところで見聞きしてきた。
その中に、ある時期から変わったという意見が多くある。

…でも、私にはそんなに変わったとは思えない。
ただ、主義主張を明確に打ち出してきてはいる。
(私個人としては、以前からその主義主張は存在していたと考えている)

そんな主張を感じさせるのが以下の3つ。

(1)「ひまわり”SUNWARD"
(2)「阿檀の木の下で
(3)「4. 2. 3.

それぞれ収録アルバムの発売時期と、そのころの出来事を対比させて見る。
(1)を収録したアルバム【LOVE OR NOTHING】は'94年発売。
'90年から始まったユーゴスラビア解体による民族紛争がバルカン半島で続いていた。
旧ユーゴスラビアを含めた東欧圏はひまわりの一大生産地である。

(2)を収録したアルバム【パラダイス・カフェ】は'96年発売。
'95年には沖縄県で在日米軍兵士による少女暴行事件が起きている。
このとき沖縄では県民集会が開かれ、日米地位協定の運用見直しがなされている。

(3)を収録したアルバム【わたしの子供になりなさい】は'98年発売。
'97年4月22日(日本時間:4月23日)長期に及んでいた在ペルー日本大使館人質事件の解決策として、ペルー政府軍の強行突入が行われた。
このとき、犯人14人は全員死亡(逮捕者なし)、ペルー人の人質1人と政府軍兵士2人も死亡している。

この3曲に着目するのは、音楽業界でメジャーに位置する人が、個別の事件を切り出して直接的なメッセージを、音楽という形で発信したという点である。
それも殊更にキャンペーンを張ったわけでなく、ある種淡々と己の立ち位置を示したのである。
そのメッセージは、「セクトの主義主張や保身よりも、それに翻弄されてしまう個々人を大切にしたい」という思いであり、この思いを史実に結びつけることで、その主張するところが明確になる。
特に(3)においては、「○○人」というセクト意識に対し強烈な批判を浴びせている。
自分もそのセクトに分類されることへの恐怖も含めて…。

中島みゆきという人の凄みはこれじゃないかな?と思う。
商業主義の縛りを考えると、このようなメッセージを打ち出すことは容易なことではないと想像する。

それより、売れるものを職人芸として作るという選択肢もあるのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

蜂の一刺し

「蜂の一刺し」といっても、ロッキードやダグラス・グラマンのことではない。

私は田舎者である。
田舎者故に接したある事柄のことである。
【なお以下に「田舎」と「都会」と類型化した表現をするが、これは私個人の印象のみによるものであり、地図上で一般に「都会」・「田舎」とされるところに住んでいる人がすべて以下の記述に当てはまるとは毛頭考えていないことをお断りしておく】

私の出てきた田舎社会では「控えめ」に生きることが善しとされる。
殊に「公」とか「格上」に対しては遠慮することが多い。
別に遠慮したからといって、なにか良いことがあるわけではないのだが。
したがって、一般に「公」的サービスを要求することを躊躇する空気がある。
しかしながら、この世において公的サービスをまったく受けずに暮らすことはできないし、そのサービスが万全でありえないことも当然である。

都会の人々なら、そのサービスに問題があると感じたときには、理の有無を問わずサービスの提供元への改善要求を躊躇わないであろう。だからこそ進歩が生まれるという見方もある。
しかし、田舎では、要求をする前に理が我にあるかを考えてしまう。
理が我にあること(相手の責任範囲の事柄であること)を確信するまで、相手に対する要求を抑えるのである。
ではどうするか?田舎の中のさらに狭い空間(親類・知人)で相談するのである。
不思議なことに、相談していくうちにその問題のプロもしくはセミプロが見つかってしまうのである。たいていの場合、ここで見つかったプロ(セミプロ)で事が解決してしまう。
そこで解決できなくなって、はじめて「公」に頼るのである。

前置きが長くなった(前置きが本文になるかもしれない^^;)。

ある日、帰宅してメールを開くと「固定電話が使えなくなった。IP電話は使えてるんだが、どうしたらよかろう?」という問い合わせが入っていた。
都会の人なら、私ごときにメールする前に電話会社のいずれかに速攻抗議の電話を入れているだろう。
しかし、田舎である。私見つかってしまったのだ。
見つかってしまった以上、知らぬ顔は出来ない。

メールの内容から、障害の仮説を組み上げ、検証の方法を考える。
そして、障害が現に起きていることを、こちらから電話して確かめる。
不通だ…しめしめ。

ここまでやって、メール相手に電話をかける。んで以って、検証用に電話機等々の接続変えをしてもらい、検証のやり方を説明して待つことしばし…。
結果の電話が来た。結果は仮説を裏付けた(…と、このときは思った)
で、障害となっている電話会社の故障対応窓口の電話番号を伝え(電話会社の故障受付は、固定電話からと携帯からとで窓口の電話番号が違うことがある)一件落着。

…翌日「直ったよ」とのメールを受信。しかし、原因は予想とまったく違っていた。
…予想では電話局の中での故障だったのだが…
判明した原因は、「電話線が蜂に刺されてたぁ」とのこと。
蜂に刺されてできた穴から湿気が入って電話線が錆びていただと?

まったく…どんな田舎じゃ…

しかし、電話会社の保守員さん…大変だったろうなぁ…
多分、出動指示を受けてから、ン時間かけて夜中の山道を走ってきて…故障場所は、昼間にならなきゃどうしようもない場所で…
本当にお疲れ様でした…

蛇足:対人口比では田舎のネット環境は意外に良い場合がある。なにしろ、そこにしか人のいない集落の真ん中に電話局があるのだから…ADSLで10Mオーバーなんてのは当たり前なのである。もちろんFTTHは夢の世界だけれど、安かろう○かろうの世界から持ってきた機械を使って、しばしばトラブルを起こしている最近流行の方式よりも、良いものは高くて当然という時代の枯れた技術の機械を使った方式を選ぶのも、選択肢としてはありだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月18日 (木)

過去記事修正

当ブログを見てくださった方から、丁寧なご指摘を頂きました。
その指摘により、過去記事中の歌詞引用部分を原則削除いたしました。

なお、過去記事で触れた曲を収録したアルバムにつきましては、右サイドバーの〔参考〕にAMAZON.co.jpへのリンクを張ってあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

世情

「世情」…
中島みゆきコンサート2007で聴きたい歌 第16位…だそうだ。
しかし、私にとってはコンサートで聴きたくない歌 第1位である。

嫌いなわけではない。

しかし、この歌は重過ぎるのだ。
この曲は単純なカタルシスを求めるには余りにリアルすぎるのだ。
”波”に一度ならず身を委ね、結局脱落した私にとっては。

私にとって、この歌は傷口を覆う絆創膏もしくは包帯のようなもの。
”波”の中から、波が通り過ぎるのを見ている人たち、彼らを波の中に引き込めない無力感。
脱落して波を見ながら、波に飛び込めなくなっている自分に感じた情けなさ、やりきれなさ。
そうした諸々のことを封印する言い訳にしている歌だから。

この歌自体は、波に共感を寄せながら色々な重石に足を取られている人への共感から綴られているものと思う、いや、思いたい。

であるからこそ、この歌は一人でひっそりと聴きたいのだ。
大勢の他人がいる中では決して聴きたくない。
我が身にのしかかっている重みを、そんな場所で受け止めたくないから。

夜会でなら聴けるだろう。(おそらく)夜会なら劇の流れの中ということで、ある程度心の中で距離を置ける。また、どんな展開でこの曲を使うのか、興味もある。

しかし、コンサートでは聴きたくない(くどいな^^;)

歌詞情報
  ↓
世情 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

失敗^^;

昨夜 呑んできた。

小心者の私は一人で知らないお店に入るのが怖い。
したがって、先輩に連れて行ってもらって知ったお店に行くことになる。
ただ、このお店がちょっと遠いので、帰りは大抵午前様になる。

元々酒はあまり飲めないほうなので、酒の味についてはお店の常連さんとマスターの会話から聞きだしている。

中島みゆきさんの歌には「呑んだくれ系」というのがあるそうだ。
「波の上」に出てくる「タンカレー」という言葉がジンの銘柄ということも、このお店で教えてもらった。マスターのお話では「ジンはやっぱこれだよ」とのこと。
ジンというと、リーマンの小説に出てくるボンベイという銘柄しか知らなかったので、へぇ~という感じだった。

…んで、たまには水割り以外にも…とジントニックを頼んだ。
これが失敗の元…ジンって効くねぇ…

今日の昼中寝てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

「ボディ・トーク」から

古い曲から2つ続けたんで、新しいアルバムの曲へ切り替えよう。


言葉の実験劇場(夜会)なんつうものを実践されてる人から、これを言われちゃうとねぇ…
ここでブログ書いてること自体の意味を問われてしまう。

ま、ここは単なる自己満足のための愚痴の陳列場だから良いっか(笑)

でもね、この曲を通して聴くと上のフレーズは反語なんだと思うのだよ。
日々の暮らしで、上滑りした言葉の無力を感じることは良くあること。
逆に、にじみ出るようにぽつりと漏らす言葉の重さを感じることも、ままあること。

現実の日々では、一言も発することなく(書くこともなく)過ごしている人だっていると思うし。
…昔勤めていた職場はこれに近かったな…
人と話す必要はほとんどなく、書くことだって所定の書式に体言止めで記載して終わりだった。
もっとも、その頃の方が今より「言葉」に慎重だったような気もする。

技能の職場でプレゼン能力が第一だって言われると、思わず「違うだろ!」と口走ってるもんなぁ、最近は。

いけねぇ、上期の自己評価書、まだ書いてねぇ…来週の大仕事はこれだな^^;

(指摘により一部削除)

歌詞情報→ボディ・トーク 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

「友情」(2)

この曲を収録したアルバム「臨月」が発売されたのは1981年のこと。
…ということは、この曲を耳にしてからもう四半世紀が過ぎているのか…

それだけの年月を経ても、この歌詞を否定できない。






己のやりきれなさを、他人(特に比較的弱い立場の他人)への蔑み、憎しみに転嫁する場面がある。
自分がそうなってしまったことも多々ある。
そうならなければ、この世の中は渡っていけないものかもしれない。
しれないけれど、それでは己が情け無い…
そんなときに、この歌詞を思い出す。
「傷つけ返す」なら、その方向は自分より強い立場のものに対したいと思うのだ。
…できないこととは判っているが、せめて、思いだけは…

(指摘により一部削除)

歌詞情報
 ↓
友情 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

「友情」という歌

ブログ初心者なので、いろんな設定をいじってみたところ…

「中島みゆき」で検索して訪問してくださった方がいるのに気がついた。

あの人のことについてなら、書きたいことが砂場の砂山くらいにはあるので、しばらくこのネタで引っ張ろうと思う(いつまで続くかわからんが…)。

ン十年前、同級生が貸してくれた「オールナイトニッポン」をエアチェックしたカセット…

これが、みゆきさんにはまるきっかけだった。

正直言うと、「にぎやかな人だなぁ」という印象が強かった。

そのころから若干うつが入っていた私には、このにぎやかさが適度な刺激になって火曜日の朝は寝不足という日々が続いた。

そんなある日、オールナイトニッポンのエンディングに流れた曲

【友情】

衝撃だった。

「(出だしの1文)」

出だしの、このフレーズだけでも強烈なのに

「(最後の一文)」

これほどの悲しみを感じさせる歌詞に出会ったのは初めてだった。

他人を理解することの難しさ、それを乗り越えようとあがいていくのが生きていくことなのかと感じさせる歌だった。

当時、みゆきさんの歌は「恨み歌」とか「振られ歌」とか言われていたし、この曲を聴くまでの私もそんな風に受け止めていた。

ステレオセットやLPなんて高価(!)なものに手が出ない貧乏学生にとっては、「中島みゆき」という人はソングライター(シンガーが抜けていることに注意されたし)というイメージしかなかったし、実際TVの人気番組では彼女の作った歌を他の歌手が唄っている場面しか見えてこなかった。

「友情」を聴いてから、改めて彼女の音楽テープ(カセットテープですよ、テープ)を聴きなおし上記のイメージが変わった。前を向いてもがいてもがいて試行錯誤を繰り返す、それを馬鹿にすることなくまっすぐに共感する。そんな歌を唄う人なんだなぁ…という風に…

(指摘により一部訂正。「 」内( )中の文を知りたい方は右サイドバー〔参考〕からリンクを辿ってください)

歌詞情報→友情 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

新アルバム

中島みゆきの新アルバムを聴いている。

前宣伝では「ストレートなロック」と言っていたが、生憎当方ロックなる音楽ジャンルがわからない。よってこの旋律やアレンジが所謂ロックかどうかはまったくわからない。

ただ、このアルバムの出だしは「なんじゃこれはぁ~」だったことは確かである。

そして、そのにぎやかさが途中で一転することにまた驚く。

今回のアルバムで(今のところ)気に入っているのは

サバイバル・ロード

Nobody Is Right

ボディ・トーク

I love you 答えてくれ

背広の下のロックンロール

の順…他の曲も悪くないが上の4曲はのれる。

のれる理由…なんてわからない。聴きこんでいくうちに変わるとも思うが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

開始

物は試し…という言葉がある。

物言わぬは腹ふくるる業なり…という言葉もある。

ならば、試しにブログなど書いてみようと…

さぁ 開始だぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年11月 »