« 「友情」という歌 | トップページ | 「ボディ・トーク」から »

2007年10月12日 (金)

「友情」(2)

この曲を収録したアルバム「臨月」が発売されたのは1981年のこと。
…ということは、この曲を耳にしてからもう四半世紀が過ぎているのか…

それだけの年月を経ても、この歌詞を否定できない。






己のやりきれなさを、他人(特に比較的弱い立場の他人)への蔑み、憎しみに転嫁する場面がある。
自分がそうなってしまったことも多々ある。
そうならなければ、この世の中は渡っていけないものかもしれない。
しれないけれど、それでは己が情け無い…
そんなときに、この歌詞を思い出す。
「傷つけ返す」なら、その方向は自分より強い立場のものに対したいと思うのだ。
…できないこととは判っているが、せめて、思いだけは…

(指摘により一部削除)

歌詞情報
 ↓
友情 中島みゆき 歌詞情報 - goo 音楽

|

« 「友情」という歌 | トップページ | 「ボディ・トーク」から »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/16741433

この記事へのトラックバック一覧です: 「友情」(2):

« 「友情」という歌 | トップページ | 「ボディ・トーク」から »