« インフルエンザ・・・ | トップページ | 暴力に屈する社会 »

2008年1月31日 (木)

情け無い…

中国での冷凍食品への薬物混入事故(事件?)の件。

報道で目に付くところを拾った(順不同)。
・現在使用されている原料からは当該薬物は検出されていない。(中国政府:時事
・当該の製品を製造している会社では労使トラブルが発生していたらしい。(毎日
・当該薬物の中国国内での生産、流通、使用は今年の初めに禁止されていた。(毎日
・製造元は取材拒否(毎日
・回収した製品を調べたが、薬物は検出されなかった(東京都:毎日
・加工食品は日本ではコスト(人件費)がかかるため、中国で製造拠点を探して委託する(JT:毎日

混入経路や原因については、中国政府が面子にかけて実施するようだ。
政府が面子をかけると聞くとなんだか嫌な予感がするのは、きっと気のせいだろう…と思いたい。

情け無いのは…

その一
この問題が、少なくとも現時点ではある特定の会社の製品の問題であるにもかかわらず、それをあたかも中国人の特性が引き起こしたことであるかのように吐き散らす輩が、この日本にいることである。
恥ずかしいことに、東京都知事がそうだ(サンケイ)
都知事ばかりではなく、職場の管理職が楽しそうに同様の事を話しておった。
その昔、三菱自動車がセクハラ訴訟をアメリカで起こされたとき、「日本人(全体)はセクハラ野郎だ」などという声が彼の国で大勢を占めなかったことを知らないのか。

その二
食品の製造コスト(人件費)がかかるって…ワーキングプアの問題はどこの国の話だ?
グッドウィルの業務停止で、責任の無い派遣労働者が悲鳴を上げているのはどこの国だ?
それよりも安い労働コストって、購買力平価を考えればそれなりに是正されるとはいえ、なんか間違ってないか?
先に列挙した報道の中に、問題を起こした会社では労使トラブルが起きていたというのがあったぞ?

もう20年ほど前の話であるが、中国で仕事をしたときの相手方の人たちの真摯な姿勢には敬服したものである。
そう、この問題はある会社組織が起こしたものであり、それが日本で露呈したということは、日本の側に「安さは全てに優先する」という姿勢が生み出したものなのかもしれない。
それをさしおいて、「中国」とか「中国人」とかのくくりで批判するのはお門違いというものだろう。
少なくとも現時点では…

|

« インフルエンザ・・・ | トップページ | 暴力に屈する社会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

>あたかも中国人の特性が引き起こしたことであるかのように吐き散らす輩
いっぱいいるみたいです。。。
ウチのコメント欄にも貼りましたが、こちらにもペタリ。
http://s01.megalodon.jp/2008-0131-1922-28/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000013-rcdc-cn

投稿: gegenga | 2008年1月31日 (木) 21時31分

gegenga様

TBのみならずコメントまでいただき…深謝です。

リンク先(怖いもの見たさで)見てしまいました。
同じ日本に住むものとして恥ずかしい…
私個人としてもっと恥ずかしいのは、本文に挙げた管理職の一人は外国勤務の経験があるということ<何を見てきたんだか
(以前「幸せ?」という記事にした人物です)

投稿: とみんぐ | 2008年1月31日 (木) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/17911448

この記事へのトラックバック一覧です: 情け無い…:

» イシハラもうろく [かめ?]
あ、間違えちゃった。 「もうろく」じゃなくて「妄言録」って、書きたかったのぉ。 「独裁国家なんだからしっかりしろ」 石原知事(産経新聞) −中国製のギョーザから…  「論外だね、あれ。サリンにもなんだろ、有機リン酸ってのは。独裁統制国家なんだから、そ....... [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 21時29分

« インフルエンザ・・・ | トップページ | 暴力に屈する社会 »