« 私は日本人だから、そして、私は人間だから | トップページ | 気持ちの整理 »

2008年2月28日 (木)

師の言葉

もう数十年前の話になるが、中学・高校の恩師たちの言葉で印象に残っているものを振り返ってみる。
その言葉は私の頭の中にしか無いものである。よって、私の記憶の中で変形してしまっている可能性があることをあらかじめ明言しておく。

・「法律とはなにか?
中学の社会科の定期試験の問題文。
たぶんこんなの書いて○だったような↓
「社会を維持するための必要最低限の規制。必要最低限のことしか書いていないのだから、法律さえ守れば後はなにをしても良いということにはならない。より良い社会を維持するためには、法律に明文化されないモラルによる規制が必要である。」

・「理系を選択した君たちだからこそ、今のうちに歴史を学んでおかなければならない。
高校での社会科教師の言葉。文脈としては、公害を生み出すのも、それを直すのも理工系の人間の所為による。理工系を生きる道として選択するなら、文科系より若い頃から社会に直接触れることになるというような話の中で出てきた言葉だった。

・「事実を以って真実を語らしめよ
高校のクラブ顧問の言葉。この言葉で何度も記事の書き直しをさせられたなぁ。裏を取らずに「真実」ばかり語りたがるという点において、私は成長していない。

・「憲法の前文を書け
中学と高校の社会科の定期試験の問題(出題者は別人)。解答欄が広々としていた。
答はここ参照。

・「漢詩の本当の美しさは原語で聞いてみないとわからないんだよ。
高校の国語教師の言葉。漢文の授業が訓読で行われていることをぼやいて…。

最後は天然ボケを…
・「おまえ、どこの法学部受けるんだ?」…「え?工学部受けるつもりなんですけど(私)」
高校3年の定期試験中の監督教師と私の会話。当時、志望先毎でクラス分けされていて、私は理系クラスだった。このやりとりで教室内大爆笑。今にして思う。教師の言うことは聞いておくもんだ…^^;。

|

« 私は日本人だから、そして、私は人間だから | トップページ | 気持ちの整理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/40305152

この記事へのトラックバック一覧です: 師の言葉:

« 私は日本人だから、そして、私は人間だから | トップページ | 気持ちの整理 »