« 「狂信者なら殺しても良い」に反対する | トップページ | 花は散り際…なんてことはない »

2008年3月27日 (木)

なんで…物陰に隠れるのだ?

ネットへの自由なアクセスができない環境にいたので、更新もできなかった(←言い訳)
もちろん、仕事中にネタを考えてる余裕なんかないのだが、休憩中にニュースサイトなどは見ている。
…で、ここ数日「なんで?」ということが立て続けに起きているわけだが。

かなり、ひっかかったのが「 沖縄の怒り全国に訴え/きょう午後 県民大会」。
特に、当該記事の第三節。
先日の事件の被害者について名前を出して批判し、県民大会を潰そうとしたらしい。
国旗国歌推進なんていう運動体の本質がここに顕れていると考えるのは、私の独断に過ぎるか?

個人の尊厳よりお国が大事なのか?
人がいて、共同体があって、国家がある。
この順番は逆にはならない。

そんな簡単なことが何故判らないのか、否、判ろうとしないのか。

国家大事と唱える人々だって、社会の中で生きている(はずだ)。
ならば、顔の見える仲の良い知り合いもいる(はずだ)。
その顔見知りと、顔の見えない「お国」…どっちが大事だ?

私は顔見知りを大事にしたい。
顔見知りをお国のために犠牲にするという考え方を受け入れることはできない。
そういう考え方をする人の言葉は、物陰に隠れて顔を見せない行為に思える。

なんで…物陰に隠れるのだ?
そんなに「人を大切にすること」が怖いのか?

|

« 「狂信者なら殺しても良い」に反対する | トップページ | 花は散り際…なんてことはない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/40657579

この記事へのトラックバック一覧です: なんで…物陰に隠れるのだ?:

« 「狂信者なら殺しても良い」に反対する | トップページ | 花は散り際…なんてことはない »