« 無自覚な○○たち | トップページ | なんで…物陰に隠れるのだ? »

2008年3月24日 (月)

「狂信者なら殺しても良い」に反対する

先の○○に関連して…
今新聞にも出ているチベット自治区の問題について、犠牲者を「一般市民」と「狂信者」に分類した上で後者は殺されて当然と抜かす腐れ外道があちこちに出没している。
前回の記事では伏字にしたけど、こうまであからさまだときちんとした単語にせざるを得ない。

無論、私はこの種の言動をする輩に好感は持たない。
人間何十年かやっていれば、「殺したろうか この野郎」と思ったことが無いとは言わない。
しかし、その怒り・憎しみは具体的な顔をもっていた。

それと比べ、この腐れ外道は「狂信者」なら殺しても良いと抜かす。
果たして、この外道の頭のなかで、己が殺されても仕方の無いと処断した人々の顔は見えているか?
断じて「否」
具体性の無い「狂信者」をでっち上げて国家権力の暴走を後押しする。

こやつの精神構造は、前記事にあげた○○の意識が膨らんでいったものである。

人殺しに正しい・悪いの区別なんかあるものか。
この外道が…

あ、外道がここを見た場合のために言い添えておく。
このブログにきても無駄だよ。コメント・TBどちらも削除するから。

|

« 無自覚な○○たち | トップページ | なんで…物陰に隠れるのだ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/40623435

この記事へのトラックバック一覧です: 「狂信者なら殺しても良い」に反対する:

« 無自覚な○○たち | トップページ | なんで…物陰に隠れるのだ? »