« サーカスの国 | トップページ | 憲法前文読み比べ »

2008年4月28日 (月)

なんだ この裁判は?

出先でTVに流れていたニュース
この事件も随分マスコミにほじくり返されていたものだったが、量刑についてどうも釈然としない。
いや、釈然とする解釈はあるのだが、そこまでこの国の司法が腐ったとは思いたくない。

釈然としない点
・弁護側のみならず、検察側の精神鑑定結果においても心神喪失状態であったことが報告され、判決要旨でも、それらの鑑定結果は信用できるとされている。
・遺族感情を配慮したというが、一番近い遺族は加害者である。
・被害者による加害者への日常的暴力の存在を認めている。
・殺人行為後の隠蔽行為を以って、殺人に至った時点での責任能力を認定している。
これだけ、加害者有利の事実認定をしていながら、懲役15年って重過ぎない?
最初にあげた点からいって、死体損壊の適用が関の山だと思うのだが...。

釈然とする解釈
この法廷の裁判官が「人が死ねば加害者は原則死刑、または検察の言っていることは基本的に正しい」という前提で法解釈・量刑判断をしている。
…と考えればこの量刑判断も納得いくんだが、それでは被告・検察の間で中立的に事実認定をする裁判官のありようとして失格だろう?

えぇと、来年から裁判員制度が始まるんだよね…こういう裁判官に指揮された裁判員が判断する裁判って、人民法廷じゃないか(怖

(参考)
刑法第39条
 心神喪失者の行為は、罰しない。

同法第190条
 死体、遺骨、遺髪又は棺に納めてある物を損壊し、遺棄し、又は領得した者は、三年以下の懲役に処する。

夫遺体切断事件の犯罪心理学

東京新聞

|

« サーカスの国 | トップページ | 憲法前文読み比べ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/41021115

この記事へのトラックバック一覧です: なんだ この裁判は?:

« サーカスの国 | トップページ | 憲法前文読み比べ »