« 2006年11月を思い出す | トップページ | 耳栓が必要なので… »

2008年4月 5日 (土)

はしたない

はしたないという言葉がある。
私の経験は些細なことである。
そして、そんなことで大人が騒ぐのは「はしたない」とされていた時代・土地柄だったのだろう。

私の子供の頃…といっても高校生だったが、生徒会総会を延々とやったことがある。
議題は…なんだったかなぁ…忘れた(笑
とにかく、みんなが納得できるまでとことん話し合おうじゃないかということで始めた集会ではあった(裏で糸を引く集団と目された面子の一人だったりする σ(^^))。
かなり険悪な空気も流れたりしたが、教師は最後まで介入しなかった…介入しようとしたら追い返された。最後は、帰宅者が最終電車に間に合わなくなるということで散会したような記憶がある。

後日になって、一部の親から学校にいろいろクレームが架電していたということを知らされた。
なんでも「アカ」とかいう言葉も出ていたらしい。
それでも、教師はそれを生徒に知らせず、電話に粛々と対応していたとのことであった。
クレームの存在を理由にして、生徒の活動を萎縮させようとはしなかったのである。

クレームをつけてきた親の方も、それより大きく騒ぐようなことはなかった。(小さな田舎のことであるから、騒げばそれなりに私たちの耳に入ることになる)
騒いだところで、別の親たちが「子供たちのことにいちいち口をはさむなんて、はしたないことしなさんな(そんなに手前の子供が信用できないの?)」と抑えて終わり…だったのだろう。

さて…昨今の君が代斉唱問題…
起立・斉唱を強要する側に「はしたない」という感覚があるのだろうか。
君が代斉唱の指示に対して着席程度の意思表明をした子供たちの目に、彼らはどう映るだろうか。
それまで一緒に生活の一部を共有していた教師を罵倒する行為が、子供たちの目に快いものとして映るだろうか。

ほんと、もう「はしたない」行為は止めなされ。
自分たちの主張を成熟した大人のものとして見てもらいたいなら、はしたない行為は逆効果ですぜ。
…そりゃ、ガキの騒ぎで結構というならそれでも良いけど、年齢的に大人といわれる部類に入ってるのなら、それこそ「責任」はついてまわりますぜ。
威力業務妨害とか脅迫とか名誉毀損とか刑法に規定はあるんですがねぇ…

|

« 2006年11月を思い出す | トップページ | 耳栓が必要なので… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/40778355

この記事へのトラックバック一覧です: はしたない:

« 2006年11月を思い出す | トップページ | 耳栓が必要なので… »