« 築地市場移転?(2) | トップページ | またかよ… »

2008年5月24日 (土)

秋葉原ぁ

久しぶりに秋葉原を散歩してきた。
随分と街の景色が変わっていた。秋葉原デパートが無い。中央通りの日通ビルはすっかり撤去され、工事の目隠し板で覆われていた。ラオックスのコン館は未だシャッターが下りたまま…。ラジオデパートに入ってみる…空きスペースがやけに目立つ。頭の中では判っていたものの、昔足繁く通った秋葉原ではない…。
それでも、ラジオセンターは(店の入れ替えはあるだろうけど)昔のまま。これがありがたい。
秋葉原の魅力は、そこに行けばとりあえず何とかなるという品揃え。
仕事で使う消耗品や工具はやや特殊なものが多いため、一般のホームセンターではどうにもならない。普通は専門の問屋から見積もり貰って、相見積もりかけて、決裁書書いて、経理の承認貰って、注文書書いて、発注かけて、納期確認して、検品して、請求書貰って、請求書を経理に回して…とこれだけの処理をしなくちゃならない。面倒くさいことおびただしい。秋葉原にくれば、(いざとなったら自腹の覚悟だけしておけば)現物が手に入る。
PCパーツでも同様で、アンチintel & nvidia派の私でも納得できる品揃えのお店がいくつか残ってる。大手の店は無茶な安さは無いけど、そこに行けば一式揃うという安心感がある。
こういう安心感は街の歴史の蓄積だろう。

|

« 築地市場移転?(2) | トップページ | またかよ… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えーコメ返しが遅くなりやして申し訳ないわけでございます。

あたしもここ5年ほど上京する機会がなく、変貌を続ける秋葉原のニュースが遠い世界のように感ずるわけでございますが、秋葉原デパートもなくなったのですね…。

アンチNVIDIAはあたしもですが(ていうか未だにmatrox信者、今のビデオカードは中古のParhelia)、CPUはintel派ですねぇ…どういうわけなんだか自作PCを使うようになってから、CPUは一貫してintelだったり。人生初パソコンは6802なJR-100(笑)だったんですがねぇ。

伝統ある街ならではの安心感ってぇのは、たとえば築地などもそうですよねぇ…書籍なら神田、バイクなら上野、カメラなら銀座か新宿でしょうか。

投稿: McRash | 2008年5月25日 (日) 08時03分

McRash様
コメントありがとうございます。

秋葉原デパートはなくなりましたが、隣の電波会館はまだ健在です。
喫茶店「古炉奈」もアキバらしからぬ内装のまま、営業してます。
とはいえ、青果市場跡は丸の内か汐留かという雰囲気です。

>書籍なら神田、バイクなら上野、カメラなら銀座か新宿

伝統というものは、ブランドイメージという貴重な財産なんですよねぇ。
それを近視眼的に放り出すのはもったいない気がします(築地のお話)。

なお、コメ返し等のお気遣いはご無用にしていただければ…と存じます。
ここは貴方のブログのような気品のあるところじゃないし^^;

投稿: とみんぐ | 2008年5月28日 (水) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/41305760

この記事へのトラックバック一覧です: 秋葉原ぁ:

« 築地市場移転?(2) | トップページ | またかよ… »