« 息抜き | トップページ | 評価するということ »

2008年6月29日 (日)

エコなら地産地消だろう

なんか、書きたいことはいろいろあるけどどうもまとまらない。
という言い訳は置いといて(/_;)

コンビニの営業時間短縮でCO2削減だそうである。
言いだしっぺは京都の方らしいのだが、東京・神奈川の知事さんたちも乗り気らしい…。
…まぁ、彼等らしいっちゃ、それまでなんだけど…

違うだろ!

どうやら、首都圏の知事までになられる方は「理科」や「社会」のお勉強が済んでないみたいだ。

・大規模発電所、特に原子力発電所は何故か首都圏から離れたところに立地されている。即ち、送電損失が生じているのだ…オームの法則「W=R×I×I」を知ってりゃこれくらいは分かるだろう…。
・ピーク電力は真夏の平日の日中帯にあることを知らないらしい。オフィス・工場の空調がピーク電力を押し上げているのだ。そして、一時のITバブル期に首都圏に作られたデータセンターの冷却需要がそれに加担しているのだ。通信設備もデータ通信需要対策のため、音声通信主体のころに比べ桁違いの冷却需要を生じている。そういう産業構造になったという「社会」への理解が足りない。
・車は急に止まれない…これは発電所も同じこと。需要が減ったら発電機を停めて、需要ができたら発電機を動かすって、そんな簡単に起動・停止を繰り返せるもんじゃないぞ。そんなことしてたら、あっという間に発電機が壊れる。壊れたら交換すれば良いというのはエコじゃない、使い捨て時代の発想だ。
・冷蔵庫は何のためにあるのか?人がいなくっても冷蔵庫や冷凍庫の運転を止めるわけにはいかんだろう。コンビニに入ってみれば冷蔵庫・冷凍庫がどれだけの空間を占めているのか…知事様くらいになると入ったことねぇから、わっかんねぇだろうなぁ。
・コンビニの24時間営業が成り立つのは、需要があるからだ。それだけ、個人の私的生活時間が夜にシフトしているのだ。田舎へ行けば24時間営業じゃないコンビニはいくらでもある。

さて、本題。
省エネとかエコとかいうなら、首都圏の電力需要のピークを削減する(=ピークが削減できて、初めて発電所の稼動が止められる)か、トータルの送電システムで全く無駄になっているところを減らすか…だろう。前者については、産業社会構造の変換を伴うもので、それこそ大規模なビジョンの策定からかからにゃならないし、その過程で試行錯誤が繰り返されるのは目に見えている。
ならば、後者ならどうか?先に述べたように、遠隔地に発電所を設置したときの送電損失は全くの無駄となっている…単純に発熱してるだけだから、地球温暖化におおいに貢献しているともいえる。

極めて乱暴な結論
首都圏でそんなに電気が必要なら、首都圏に発電所を作れということだ。
なんなら田園調布の都知事宅の周辺を買収して(強制収用の好きな知事様だし)原子力発電所を作ればよい。まぁ原子力発電所は後々面倒だから、それは冗談として…。
発電所を作る場所が無い?…なにをおっしゃる、あるじゃない。…さて、電力需要のピークはいつだっけ?夏の日中帯=お日様がギラギラ輝いているときだ。これを使わないという法はなかろう。都庁の壁、あれを太陽光発電パネルで覆う。丸の内や汐留のオフィス街、あのビルの壁面を同様に処置する。お日様の輻射熱が入らないから、冷房に要するエネルギーも減る。一石二鳥だ(笑
…ここでは、労働安全衛生法の規定や建築基準法の規定は無視している。もちろん、発生した電力を売電するために必要な位相同期等の技術的問題も無視している。しかし、「コンビニの営業停止=エコ」よりは乱暴な議論ではないと思う。

補足
コンビニの24時間営業を全面的に肯定しているわけじゃない。そこで働く人たちの労働環境がどうなのか、どうあるべきなのかという事についての議論は未だこれからだと考える。ただし、それを捨象して「エコ」を振りかざすのは如何にも乱暴な議論だと思うのだ。

|

« 息抜き | トップページ | 評価するということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えー実際に卑近に非24時間営業なコンビニが多くある(といっても、徒歩5分圏内にある2軒のコンビニはどちらも24時間営業だったりして^^;)田舎在住のあたしが来たわけでございまして、東京に原発、というと広瀬隆さんを連想するわけですが、確かに高層ビル群の屋上にソーラーパネルを設置して太陽光発電、というのは大いにアリかもしれないなぁと思います。菜園になったり発電所になったり、ビルの屋上の利用価値は計り知れないものがありそうですな。

投稿: McRash | 2008年7月 5日 (土) 02時17分

McRash様
ご賛同いただきありがとうございます。実はこれ、かなり真剣に考慮している企業、多いと思うのです。ただ、現在のソーラーパネルの寿命・メンテナンスを考慮した取り付け施工方法の研究とか課題が多く、かつ、そこまでの設備投資が許容できるかという経済的視点から躊躇しているのではないかと…。NTTがこれに近い構想の建築をするってのは最近聞いたことがありますが。
なお、住宅用太陽光発電への国からの助成制度は2005年に打ち切られています。この点にも着目されると、現今のCO2削減のお題目が如何なるものかということになりましょう。

投稿: とみんぐ | 2008年7月 5日 (土) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/41685081

この記事へのトラックバック一覧です: エコなら地産地消だろう:

» 民主党は派遣会社の味方、ハケンの敵 [BLOG BLUES]
論より証拠である。6月23日付毎日新聞の朝刊に載った、2本の記事を紹介しよう。 つね日頃、反新自由主義・護憲を唱えながら、民主党を支持し共産党をスルー しつづける、左派・市民派ブロガーのみなさん、これが、事実です。 およそ政治言論メディアに在りながら、ブログだってメディアなのだ、 事実に目を背けつづける態度は、いかがなものか。不誠実じゃないかしらん。 無責任って言っちゃおかしらん。不真面目なんだよ!いい加減目を覚まされよ。 もう腹立ったから、追い討ち掛けちゃうぞ。「世... [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月) 14時46分

» 脳内反革命 [みんななかよく]
ひとのことはいいんだよ  さんがAirサヨクの脳内を分析しています。 「恐るべき大陰謀」その後~ますます深まるナゾ  「サヨク」と「左翼」で微妙に違う。  このAir左翼の宿主(?)というか、脳内に住まわせている三論客を分析してみました。  失礼には当た... [続きを読む]

受信: 2008年7月 1日 (火) 10時18分

« 息抜き | トップページ | 評価するということ »