« Digital Audio Player | トップページ | ブランド »

2009年2月 9日 (月)

「夜会vol 15」関係検索でおいでの皆様へ

最近、「夜会vol 15」関連のキーワード検索でこちらへお出での方が多いようなので。

おそらく、今回の夜会をきっちり読み解きたい、中島みゆきさんの世界観を受け止めた上で、なお、その世界が生み出すアートを味わい尽くしたい…ということだろうと(勝手に)推測させていただきます。
その前提で、夜会をご覧になった方にお願いがあります。
今宵はみゆきさんのあの歌声をじっくり噛み締めておられることと思います。
そして、その歌に込められた意味を考えておられることと思います。

夜会パンフレットのあとがきを是非ともお読みください。

その上で、一度、このブログでも取り上げている泡瀬干潟の件について調べてみてください。

 参考URL:
  http://shark.ti-da.net/
  http://kenkokenko.ti-da.net/

そして…そこで何かを感じていただけたら、右のバナー「泡瀬干潟と浅海の埋め立て中止を求めるWEB署名(第3期)」をクリックしてみてください。

え、別にクリックしたからといってどうにかなるもんじゃないです。
そこから先は貴方のお考えしだいです。匿名でも、仮名でも署名はできます。

 
右の署名数は毎日増えています。
バブル崩壊時のあの愚行を今繰り返していることの重さを、その危うさを受け止め、どうしていけばいいのか…一度立ち止まって考えてみませんか?

|

« Digital Audio Player | トップページ | ブランド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

みゆきさんは以前の夜会でも似たようなことを述べました。
「ベルボーイに導かれるまま、辿り着いた先は、威容を誇る不気味なホテル。だまし絵のように、昇っても昇れず降りても降りられない階段、鍵穴のないドア、消える客室、さまよう客たち・・・・・・・・
そこは実は、観光開発のバブルに踊らされ、ずさんな工事の果てに廃墟と化した、河口堰のありさま。
遡上の道を断たれた鮭たちの、魂の墓場だった。」(中島みゆきさんの『夜会VOL.13 24時着0時発』のDVDの解説書より抜粋)

とかく公共事業は利権が絡んで不要な工事をすることがあり困ったものです。一部の人間の利益のために自然破壊までしてしまうためたちが悪い。

投稿: アイーン | 2009年2月19日 (木) 14時36分

アイーンさん コメントありがとうございます。

夜会vol.13
「リゾート・ラッシュ(http://miyuki-lab.jp/disco/lyric/ba437.shtml#a)」ですね。

泡瀬の件は、本当にあの歌を現実にしたものだと思います。
泡瀬干潟の生き物は今まさに泥と石に覆い尽くされようとしているのです。
絶望的なのは、埋め立て推進派の人たちがいくら歓迎の旗を振っても、既に破綻することが見えてしまっていることです。
沖縄県の外部監査でもアウト、那覇地裁判決でもアウトなのに、なぜこの事業が強行されるのか…

公共事業に限らず、切羽詰まって毒入りと分かっている物にも手を出さなければいけない仕組み、毒を平然と差し出す仕組みに問題があるのかもしれません。

投稿: とみんぐ | 2009年2月21日 (土) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/44010188

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜会vol 15」関係検索でおいでの皆様へ:

» 泡瀬干潟 ML&メールマガジン&イベントのご案内 [リーフチェッカーさめの日記]
既存のML等を整理して、今回改めて泡瀬メーリングリスト参加の呼びかけを致します(by 泡瀬の若おっさん参照)。 1.メーリングリスト(双方向情報共有) 2.メールマガジン(一方向情報共有・イベント&ニュース・ボラ募特化) 3.メールマガジンmobile(携帯向け・... [続きを読む]

受信: 2009年2月13日 (金) 10時43分

» 日本文学は二番目に老舗だとさ #*$ [みんななかよく]
 以前、「日本 」(学生社)という本がありました。新日鉄が編集した本で、日本のことを日英対訳で説明している本です。  いつものように記憶が大雑把ですが、その中に、「日本の文学」について、「日本文学は中国文学に次いで、世界で二番目に古い文学」と書いてあったよう... [続きを読む]

受信: 2009年2月24日 (火) 11時19分

« Digital Audio Player | トップページ | ブランド »