« 試し | トップページ | 新型 »

2009年5月26日 (火)

おい こら

最近、世間がいろいろ煩いのだが…

敵基地攻撃、法的に可能=能力保有には言及せず-麻生首相
 麻生太郎首相は26日夕、北朝鮮のミサイル発射基地への先制攻撃を想定した敵基地攻撃能力について「一定の枠組みを決めた上で、法理上は攻撃できるということは昭和30年代からの話だ」と述べ、法的には可能との認識を示した。ただ、能力を保有すべきかどうかには言及しなかった。首相官邸で記者団に答えた。(時事通信)

おい、こら、ちょっと待て!
こういうことを平然といってのけるのが総理大臣か?
相手を挑発してどうする?

何度でも書くぞ。

日本国憲法はこう書いてある!

   第二章 戦争の放棄

第九条
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

   第十章 最高法規

第九十九条
 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

|

« 試し | トップページ | 新型 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アメリカはいくらでも先制攻撃する能力があるでしょうが、政治家や軍人がこんなことぽろぽろ言わないと思います。
本気で防衛問題なんて考えていないんじゃないかな。
むしろ改憲ムードのために北朝鮮を利用しよういう計算だけなんではないでしょうか。

投稿: kuroneko | 2009年6月 3日 (水) 21時56分

kuronekoさん、どうも。

>本気で防衛問題なんて考えていないんじゃないかな。

えぇ、そう思います。
本気で考えていて、なお、このような挑発を行うとしたら…一国の宰相としての資格をもっと問われて然るべきかな…と。
むしろ、「威勢の良いことを言う」人への支持を期待しているだけなんでしょうが…それはそれで、自国の過去をどのように考えているかの示唆にはなるでしょうね。
怖いのは、そのような「成功例」に幻惑されることでしょう。
野党の一部は、すでに幻惑されているがごとき発言をしていますしね。

投稿: とみんぐ | 2009年6月 4日 (木) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/45139944

この記事へのトラックバック一覧です: おい こら:

» 「敵基地先制攻撃」…流されるままの既成事実にまた流され [dr.stoneflyの戯れ言]
 まったくマンガである。と、言うとマンガに失礼だな。マンガに教えられることは多いが、マンガ総理に教えられることは皆無である。ブレブレ発言のうえの前言撤回さらに妄想披露の連続でストーリーさえなければ反面マンガにもなりやしない。マンガ総理なんて上等すぎる。マンガに謝れ!! と言いたい。そのマンガに遠く及ばぬニポンの総理が言ったとさ。... [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 11時23分

» こう考えてみました、北朝鮮のこと [みんななかよく]
 「日刊ゲンダイ」だったかな。北朝鮮の核実験にかんして「麻生 無力」見出し。テレビで見た記者とのやりとりでも、麻生首相に、「無力ということですか」みたいなことを聞いた記者がいました。  しかし、オバマ政権であろうが、今回はロシア、中国であろうが、北朝鮮(朝鮮民... [続きを読む]

受信: 2009年6月 6日 (土) 10時27分

« 試し | トップページ | 新型 »