« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月15日 (水)

ソース

村野瀬玲奈の秘書課広報室さんのところにつけたコメントと、そのソースです。

-----コメント------
sutehunさん

法律用語は自信無いんだけど…第6条の変更があるんですね

第6条第1項
旧)医師は、死亡した者が生存中に臓器を移植術に使用されるために提供する意思を書面により表示している場合であって、その旨の告知を受けた遺族が当該臓器の摘出を拒まないとき又は遺族がないときは、この法律に基づき、移植術に使用されるための臓器を、死体(脳死した者の身体を含む。以下同じ。)から摘出することができる。

新)医師は、次の各号のいずれかに該当する場合には、移植術に使用されるための臓器を、死体(脳死した者の身体を含む。以下同じ。)から摘出することができる。
 一 死亡した者が生存中に当該臓器を移植術に使用されるために提供する意思を書面により表示している場合であって、その旨の告知を受けた遺族が当該臓器の摘出を拒まないとき又は遺族がないとき。
 二 死亡した者が生存中に当該臓器を移植術に使用されるために提供する意思を書面により表示している場合及び当該意思がないことを表示している場合以外の場合であって、遺族が当該臓器の摘出について書面により承諾しているとき。

第6条第2項
旧)前項に規定する「脳死した者の身体」とは、その身体から移植術に使用されるための臓器が摘出されることとなる者であって脳幹を含む全脳の機能が不可逆的に停止するに至ったと判定されたものの身体をいう。

新)前項に規定する「脳死した者の身体」とは、脳幹を含む全脳の機能が不可逆的に停止するに至ったと判定された者の身体をいう。

第6条第3項
旧)臓器の摘出に係る前項の判定は、当該者が第一項に規定する意思の表示に併せて前項による判定に従う意思を書面により表示している場合であって、その旨の告知を受けたその者の家族が当該判定を拒まないとき又は家族がないときに限り、行うことができる。

新)臓器の摘出に係る前項の判定は、次の各号のいずれかに該当する場合に限り、行うことができる。
 一 当該者が第一項第一号に規定する意思を書面により表示している場合であり、かつ、当該者が前項の判定に従う意思がないことを表示している場合以外の場合であって、その旨の告知を受けたその者の家族が当該判定を拒まないとき又は家族がないとき。
 二 当該者が第一項第一号に規定する意思を書面により表示している場合及び当該意思がないことを表示している場合以外の場合であり、かつ、当該者が前項の判定に従う意思がないことを表示している場合以外の場合であって、その者の家族が当該判定を行うことを書面により承諾しているとき。

これを読むと、今回の改訂では脳死臓器移植のための「死」の基準が大きく変わったように読めるんですが?特に第2項ですが…

-------------------

ソース
旧):法令データ提供システム「臓器の移植に関する法律」
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%bb&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H09HO104&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1

新):衆議院ホームページ 臓器の移植に関する法律の一部を改正する法律案
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

蛇足ながら…
第1項:移植の可否を生前に意思表示していない場合、遺族に判断が委ねられる。
第2項:臓器摘出の有無と脳死による死の認定は無関係になる(ここがややこしいんで誤読している可能性あり>ただ、従来は脳死は臓器摘出をする場合にのみ認定されていたのは確実)。

あと、大きな問題は
第2条第4項
移植術を必要とする者に係る移植術を受ける機会は、公平に与えられるよう配慮されなければならない。

とありまして、従来は提供先を指定することはできなかったんですよね。(移植術を必要とする順位は客観的に緊急度の高い順でなければならないということと理解しています)

これにも…
第六条の二 移植術に使用されるための臓器を死亡した後に提供する意思を書面により表示している者又は表示しようとする者は、その意思の表示に併せて、親族に対し当該臓器を優先的に提供する意思を書面により表示することができる。

という条項が追加されました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

この人 だぁれ?

(A)、(B)に当てはまる言葉・人名を入れよ。

不信任案は重要法成立後に
 (A)の(B)副代表は12日朝、フジテレビの番組に出演し、内閣不信任決議案の提出時期に関し、「臓器移植法改正案、貨物検査特別措置法案は通した方がいい」と述べ、重要法案の成立後が望ましいとの考えを示した。また、「都議選が終わった後、自民党内でいろいろ動きが出る。少し様子を見て、『麻生降ろし』が高まってきたときに出すタイミングがあるのではないか」と指摘した。 
(2009/07/12-10:52)(時事通信)

当ブログ主による解説
 文章から日本の政治に関する記述であることがわかる。
 さらに、「内閣不信任決議案の提出時期に関し」とあることから野党の人物であることが推測される。
 また、「副代表」というポスト名称から野党の中のどの政党かが絞り込める。
 ここで、留意すべき点は「内閣不信任決議案の提出は重要法案成立後が望ましい」としている点である。このことから、当該の発言者は相当に「頭が良い」ことがわかる。すなわち、現政権にとっての重要法案を成立させてしまえば、今後その法に対する国民の反発が出たときに自らの責任を回避でき、かつ、状況によっては法を改訂することにより国民の支持を取り付けるのに役立つからである。

正解
 (A):民主党
 (B):前原誠司

ん~とね、私が民主党をいまいち信用できない理由は、こういう「頭の良い」人が党の要職にいることなんだよね。でもって、こういう「頭の良い」人は「自己責任」だとか、「構造改革」だとか「愛国心」を声高に言ってるわけで…。

先日もこの一派の議員が駅前に朝立ちしていて握手を求めてきた。いい機会だと思ったんで「結局弱者切り捨てになったら、政権交代したって意味ないよねぇ」と聞いてみたら、「そうならないように…(ムニャムニャ)」なんだよ。

野党だったら、重要法案は政権交代にあたって「信を問う」といったらどうなんだよ。
いや、「信を問う」必要もないほど、与党案に信を措いてるんだったら、あんた党を移動したらどうなんだよ、「頭が良い」人なら自民党の中でも重要ポストもらえるよ(多分)。

なんてこと、ウダウダ書いてるうちに内閣不信任案&問責決議案提出しましたね。でもこの「頭の良い」人たちがどうしたのかは、報道されてない。重要法案通す審議優先で反対したかつうと、そういう気配もない。そのあたりが「頭の良い」所以であるのだが…。

まぁ、民主党全体でいうと結構スマッシュヒットは出してるんだよね。
実績でいうと菅直人代表代行が厚生大臣のときにやった「薬害エイズ問題に関する厚生省の資料発掘」が筆頭としてあげられるね。
野党側の活動としては「年金問題」の長妻昭か…。
ただ、議員数の制限から社共が埋没してるからねぇ…野党としての成果は保留しといたほうがいいのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »