« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月22日 (木)

ごまかすな

言葉というものは不思議なもので、「言ったもん勝ち」の場合がある。
近年の流行り言葉では「構造改革」。
この言葉に踊らされた結果、今の日本は死屍累々…
その中で、勝ち組として(いくつかのスキャンダルもものともせず)生き残ってきた人物が、こんなことを言っている。

「脱官僚」に偽り=日本郵政人事を非難-竹中元総務相
 竹中平蔵元総務相は21日、日本郵政の次期社長に元大蔵事務次官の斎藤次郎氏が内定したことについて、「『脱官僚』を掲げる民主党の看板と大きく異なる。説明責任も果たしていない」と政府を強く非難した。
 斎藤氏は旧大蔵省を退官後、東京金融先物取引所(現東京金融取引所)理事長に就任。その後の日本郵政のトップ起用だけに、竹中氏は「政治主導で(天下りを繰り返す)『渡り』が行われた」と指摘、民主党政権に対する国民の不信感が増すとの見方を示した。 
 また、前日閣議決定された郵政事業見直しの基本方針に関しては、「民営化路線が完全に否定された。郵政事業の再国有化への道筋が示され、人事面でもこれが裏付けられた」と述べ、将来の官業肥大化懸念が一段と増したと強調。同方針の内容も「なぜ見直しが必要か十分な議論も行われないまま、密室で決められた」とし、政策決定プロセスの透明化を掲げる政権の姿勢と大きく乖離(かいり)していると主張した。

時事通信(2009/10/21-20:31)

「勝ち組」たるべき要素がたっぷり<嫌味です。
明白なごまかしを一つ指摘しておく。
民主党の公約は、「脱官僚依存」である。「脱官僚」ではない
こういうごまかしを「揚げ足取り」という。
少なくとも、国家を背負って立つ人材が発してよい言葉とは思えない。
また、教育者としても失格である。
経営者としても、疑問符がつく。
まぁ、(悪い意味で)ブローカー、詐欺師の類なら納得。

え…この人、某大学の教授?某口入屋の会長?
さて、どちらが本性なのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月18日 (日)

重み

言葉には背景がある。
沖縄の普天間基地移転の問題…
普天間から辺野古へ…
一見すんなりと米軍側が移転要求を呑んだ裏に、50年に及ぶ計画があったことを知る。

背中に更に重荷と補償金を積まれて声を出せずにいることと、納得とは、違うのです。
この構図…何度繰り返せば気づくのだろうか?
弱者を殴り倒しておいて、何が「国策」か?

この10月初めには、防衛省が提出した環境影響評価(アセスメント)準備書について沖縄県環境影響評価審査会による審査結果が公表された。
http://www3.pref.okinawa.jp/site/contents/attach/14905/hutenmadaitai-jyunnbisyo-tousin-umetate.pdf
(公有水面の埋立の事業)
http://www3.pref.okinawa.jp/site/contents/attach/14905/hutenmadaitai-jyunbisyo-tousin-hikoujyou.pdf
(飛行場及びその施設の設置の事業)

2~3ページにかけて総論が記載されている。この時点で、防衛省の作業に対しての強い不信が読み取れる。
個別の具体論においても「根拠はない」、「再度、予測させること」、「理由を示させること」等々の文言が並ぶ。
まったく信用されていない。

例:マスコミの報道でも流された「サンゴの被度はたかだか5%(問題にするような重要度はない)」という国側の主張を
被度5~25%は、現状の沖縄島周辺のサンゴ礁では決して低いとは言えないものである。

(環評審第31号 15ページ)
と、バッサリ斬っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »