« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月21日 (日)

ばんくーばー

オリンピックなんつうものが始まっているらしい。
職場の休憩時間…TVがつけっぱなし状態である。

スノーボードなるものを見た…
これって人間技かよ?
TVを見てた同僚の中のボーダーが、みんなから「あれ出来る?」と聞かれて「できるわけね~だろ(-"-)」とおっしゃっておりました。
ただ…ねぇ…オリンピックって、アマチュアの大会じゃなかったの?という疑問もまた強く感じたな。
フィギュアスケートや、体操なんかでもそうなんだけど…私のような朴念仁には「芸術点」ってやつがよぉわからんのだ。その意味で「冬季五輪」の種目ってわかりにくいのが多すぎる^^;。

いやぁ、ショーとしては素晴らしいと、率直に思う。
なんか、この競技に出場した日本代表の一人が、服装のことで「あ~だ、こ~だ」言われてたらしいけど…。
ショービジネスの世界で「目立つ」ってことは重要だと思うのだな。その意味では彼の行動も正しかったのではないか?と、スノーボードの優勝者の演技を見ていて思うわけなのだ。
特に、スノーボードは「やる」スポーツとしての認知度は高いけど、「(金を払って)見る」スポーツとしての認知度はまだ低いんじゃないか…と。だからこそ、ああいう「軽はずみな」言動を「敢えて」しているようにも見えるんだな(かなり無理があるようにも思えるが…国母クン)。なんつうか、こう「スポーツ」の領域から「軽業」の領域にはみ出してしまってるようなんだな。
モーグルあたりなら未だ辛うじて「スポーツ」らしさがあるけど(ただ、あの中間ジャンプでいろいろやるのはかなり危険域)。

逆に、見ていて「あ、これはスポーツだな」と思ったのが…カーリングだったりする。
なんせ、「芸術性」とか「表現力」なんてものが判定に与える影響力はまったくない。
一見誰にでもできそうだけど、あれってものすごく体と頭を使う競技だ。
しかも(今のところは)使用する道具をチューンして勝つってこともできそうにないし…。
その意味では、スキーやスケートより遥かに素朴なスポーツ種目だと…。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

期待していい…のかな?

財務大臣が、財務省OBから菅直人氏に代わってから…どこを変えていくのかなと思っていたら…
いや、ちょっと不安だったのだ。
ちょっと前に「消費税の議論を始める」といった見出しが躍っていたからね。
「消費税『廃止』も含めた税体系の見直し」ということなら、歓迎する。

最高税率上げ検討=所得税改革で-菅財務相
 菅直人副総理兼財務相は19日の衆院財務金融委員会で、所得税の在り方について「日本ではこの10年間で最高税率が下がってきた。その見直しも含めて政府税制調査会で検討したい」と述べ、高額所得者に対する課税強化のため最高税率の引き上げを検討する方針を示した。共産党の佐々木憲昭氏への答弁。
 所得税の最高税率引き上げに対しては、鳩山由紀夫首相が共産党の志位和夫委員長との会談で前向きな考えを表明。菅財務相も同委員会で「現在の所得税では(所得の)再配分機能が低下している」との問題意識を示した。1986年には70%だった所得税の最高税率は段階的に引き下げられ、現在40%となっている。
(時事通信 2010/02/19-12:48)

所得税累進制の強化「本格的に議論を」 菅財務相が意欲
 菅直人副総理兼財務相は20日、「たくさん収入のある方には少し多めに税を払っていただき、子育て中の人たちには子ども手当で応援に回していく。そういう税制について本格的な議論を始めたい」と述べ、政府税制調査会で所得税の見直しを進める意欲を示した。高所得者層ほど負担を重くする「累進制」の強化をはかる考えとみられる。
 東京都町田市での街頭演説で語った。所得税は、各種の控除が高所得者層に有利とされるほか、最高税率も引き下げられてきた。税調会長でもある菅氏は「累進制が非常に緩和され、お金持ちにとっては減税という税制になっている」と指摘した。
 発言は、2010年度の税制改正大綱で掲げた「所得の再分配機能の回復」に力を入れることを、改めて示したとも言える。
 消費増税の議論については、「いろんな無駄遣いを徹底的になくしていくという前提がある」と述べ、歳出削減の手は緩めないことを強調した。
(asahi.com 2010年2月20日19時50分)

昔は所得税が高かったから努力しても報われない社会だったなどという人もいるけれど、これをみると…こんだけ減税してんのになんで不景気なの、本当に報われるべき人はどこにいるの?という見方もできる。というか、課税対象収入695万~1800万円の部分<サラリーマンの大多数>が狙い撃ちで増税されてるじゃねぇか@平成19年

所得税の税率構造の推移 (昭和期の分、所得額の刻みが入れてないのが姑息だ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

楽しい蘊蓄を聞く

こういう蘊蓄(トーク)なら聞いてて楽しいなぁ…と思った。

きっかけはDannerというブランドの靴(型番:D-2105)を買ったこと。
価格が高かったんで、かなり思い切った買い物だった。
しかも、取扱店が少ない。
同じブランドを扱っている店を歩き回ったけど、ほとんどの店に置いてない。

これが、とっても具合が良い。
靴本体を手に取ると重いけど、履いてみると楽なんだな。
歩いてみると重さを感じないし、電車の中で立っているときには体重が足裏全体で分散して支えているみたいで疲れにくい。甲の上の方まで紐で締める格好になっているので踵が浮く感じもしない。
いやまぁ、最初に履いたときは「これ、馴染むのかな?」と不安になるほどの硬さではあったが(^^ゞ。
強いて欠点を言えば、紐をほどかないと絶対に脱げないということくらい(でも、普通の紐靴はそうだよなぁ)
それまで履いていた軽いABCマートの靴が、足に合っていなかったことが良くわかる(こっちを履くと疲れて苦痛<今までこれに満足していたのか?と愕然)

これなら2足でローテーションしようかなぁ、でも高いんだよなぁ…と逡巡しているうちに、カタログ落ちしやがんの。
焦った、焦った^^;

しかし、探してみるもんである。
神田の大喜靴店というところで同じ型を使った靴が売っているという。
行ってみた。
値段が…安い!(新渡戸さん1枚以上安い!)
買った(^^ゞ

並べてみた

Photo  

Danner(写真右)の方が、全体的に派手(標準の靴紐は黄色と茶色のツートーンだったこともあって、替えてある)。革も全体に薄く赤みがかった色でオイルレザーの割に艶がある。
大喜靴店(写真左)のは、最初に比べると格段に地味。だけど革は、いかにもオイルレザーらしい茶色で艶も抑えられている。個人的にはこちらの方が好み。なんせ、通勤に使う靴だからね。

実は、これ製造元は同じ、設計も同じで主要部品で違うのは鳩目と革だけなのである。安藤製靴という登山靴やバイクブーツの分野ではかなり有名なメーカーらしい(バイクブーツはKADOYAのOEM元)。

で、まぁ、大喜靴店の商品を購入したわけだが、このお店のご主人がなかなかの蘊蓄語りだったのである。
お店の展示場自体は田舎の靴屋より小さいのだけど、ご主人のおしゃべりに付き合っているうちに「下町情緒」という言葉を思い出した。

品物が判らないと困るので、最初に買ったものを履いていって「これと同じ木型で作ったのがあると聞いてきたんですが…」と問うと、トーク炸裂(笑。
「あぁ それね。以前はそれをDanner経由で仕入れてたんだけど、売れる割に入荷が遅いんでね。安藤製靴の社長さんに掛け合って、この店用に作ってもらうようにしたんだ」
購入した靴を箱に仕舞う前に「…ちょいオイル入れとくか」とつぶやきミンクオイルの缶を開ける。
そしておもむろに「その靴脱いで」…(は?)
手に取ったオイルを見せながら
「一度にこんなもんで良いからね、塗り過ぎは厳禁だよ」
つまり、実演指導なのである。これはある意味ありがたい。
実演指導はさらに続く。
購入した靴にオイルを塗った後、私の靴にオイルを入れながら…
「踵の内側、反対側に当たらない?」と聞きながら私の靴を見せてくる…そこには踵が当たってできた傷がある。
「踵の内側の角を削れば、この傷できにくくなるんだよねぇ。どうする?」と聞きながら、既に手にはノミのようなものが…。
ここまで用意されると、小心者の私に「否」と言えるわけが無い(笑。
(削ってもらったら、確かに傷がつかなくなった)
さらに、踵内側にできた色褪せ(脱ぐときに踵すりあわせることってありますよね、それでできたもの)を見て、「ちょっと色戻しておこうか」とクリームを出してきて、ゴシゴシ。
(おかげでそれ以来色褪せは起きていません m(_ _)m )

実演指導開始の前にコーヒーまで淹れてもらって、こちらとしては恐縮の限り^^;。

ゴシゴシしている間も「艶があった方が好み?それとも…」と、トークは途切れない。
オイルレザーがテカテカしているもどうかと思うので、その旨答えると
「お客さんの中にはわざとテカテカにする人もいるんだよ。ここはオフィス街だしねぇ」と言いながら、買った靴の箱の中にミンクオイル(市価¥500位)まで入れてくれた。

お店を出るとき、「ところでその靴いくらで買った?」と聞かれて答えたら…「それ、ぼり過ぎ(苦笑)」と反応されてしまった。まぁ、Dannerのブランド名もそれなりに有名だからねぇ…それが価格に上乗せされてるんだと思う。ただ、数か月履き比べた感じでは、革のへたり方はDannerの方が早い感じもする。

(後日談)
Dannerについてきた靴紐の代わり(地味な色のもの)を探したが、しっくりくるものが無い。
で、またこのお店に行ってきた。
「あぁ、これ特殊だからねぇ。普通の店には置いてないよ。」
そう言いながら出してきたのが、紐を巻いたドラム。
ご主人の蘊蓄によると、この靴の紐はザイルと同じ構造なんだそうでメーカーからドラムで買ってきて切り売りしてるんだそうだ。
いや、ザイルと同じ構造と言われてもこっちにはチンプンカンなんだけど^^;。
「普通に売ってるやつなら、綿のにすると良いよ」との助言も貰った。
しかし…
「その靴、脚の弱い人が履くと重さに脚が負けて疲れて歩き難いんだっていうけどね」とボソリ。
いや、ものすごぉく歩き易いんだけど(^^ゞ
これで走れと言われたら…さすがにそれは無理だが…^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »