« 4000円 | トップページ | 文は人なり »

2010年3月21日 (日)

靴の履き方

去年は安藤製靴にすっかりはまってしまったようだ。
実は…
先の記事に書いた靴(2足目)を買う前に、一足別のを買っている。

安藤製靴のHOT STUFFというものである。
(詳細はリンク先参照)

正直、足裏はジャストフィット、しかし…
どうも踵が浮くような癖がある。

安藤製靴の靴は、ABCマートの安靴に比べると全体に「硬い」んで馴染むまでの我慢かなぁ?
などと、のんびりしていたが…こ奴はどうにも踵が浮く癖が直らない。
どうやら、鳩目の数が少ない分、甲の抑えが効かない感じ。
ベロの部分が甲を完全に覆わないデザインだからね。
昔親類から贈られて、結局履けなかったローファーのようなもんか…と半分諦めた。

で、神田まで出かけて別のを買ったわけだが…

ある日、靴紐の通し方を変えてみた。
(鳩目が3対しかない癖にオーバーラップで通してたのを、送られてきたときのアンダーラップに戻しただけなんだけど)
なんか、以前よりフィット感が強くなった…
調子こいて、結びなおした…あれ?踵が浮かない!(^^)!

どうやら、この靴…普通にかがんで履くと踵が浮き易いみたいだ。
履くときに靴の踵を高めの台に乗せて爪先が上に向いた状態で結んで、やっとジャストフィットする。
上がり框のある玄関のような所でなら、腰をおろして履いても自然になるような感じ。
ただの床で屈んだ姿勢で履くと、その分踵が月形から離れてしまうためジャストフィットは難しくなる。
良かれ悪しかれ、昔の靴なんだなぁ…と感じた。

また一足無駄にしないで済んだようだ(^^)。
今はバイクにも乗らないんで、この辺で打ち止めだなぁ…(多分^^;)
※バイクに乗ってたら、あるいは会社の下駄箱がブーツも入る寸法だったら…こういうのとか、ああいうのにも手を出していたかも知れない
(その手のは、道楽屋さんに任せよう)

ちなみにぃ、ここの靴って世間一般的には「甲高幅広」ってイメージらしいんだけど、私が履いてみての感想ではあんまりそうは思えない。リーガルなんかの方がよほど甲高だ(特に爪先に近い方は、リーガルだと上方向にブカブカなのが多い)←いや、私の足が本当に甲高幅広なのかもしれないが ^^;。

|

« 4000円 | トップページ | 文は人なり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/47866191

この記事へのトラックバック一覧です: 靴の履き方:

« 4000円 | トップページ | 文は人なり »