« 既視感 | トップページ | ソフトエネルギー・パス »

2010年4月30日 (金)

伊豆に風車は似合わない

世の中、エコだそうである。
地球温暖化対策だそうである。CO2削減だそうである。
よって、風力発電だそうである。
伊豆半島にも東京電力が関連会社も使って風力発電所を作るんだそうである。
しかし、発想が間違っている。

大規模プラントをド田舎に作って、そこから需給地に遠距離配電
この発想では、地球温暖化対策なんぞ夢のまた夢だろう。
以前も書いたが、送電線の内部抵抗による発熱は避けられないのだから。

一応東京電力の広報資料から…

電力ロスの少ない高圧送電を進め、平成16年度の送配電ロスは、4.7%となっています。
注目しておきたい文言=「高圧送電」

風力発電の短所
・設置場所が限られる。
・音がうるさい。
・風が弱い日は利用できない。
・エネルギー密度が低い。

風力発電のようなシステムで送電ロスを少なくするためには、発電設備直下に変電設備を設けて昇圧が必要になる筈。当然ながら、その設備には有害物質を大量に含んだトランス等々が必要な訳である。

伊豆と言うと、名産物にワサビが挙げられる。これは綺麗な水でなければ育たない。
で、意外と知られていないのが、伊豆の水源地は案外少ないということ(温泉は結構な塩分を含んでいる)。
一方、伊豆は地震・台風といった自然災害が多いことも周知の事実。
こういった災害時に設備は耐えられるだろうか?
万一損壊したら、特に密閉されているトランスやバッテリの筺体が壊れて内部の物質が曝露されたら…
それが水源地で発生したら…
こういうことを考えるのがリスク管理というものであろう。

さらに言えば、伊豆には中小河川が多い。伊豆半島自体急峻な山が海岸まで突き出しているのは、実際に訪れたことがある人なら周知であろう。
こういった地形を利用した小規模発電所は明治以来各所にあった。
一部は今でも使用されている。(河津大滝にもその遺構がある)

また、太陽発電はどうであろうか?
風力発電所を建設予定の東伊豆町、河津町の年平均日照時間をググってみた。
東伊豆町:1873.9時間(1988~2000 気象庁公式発表)
河津町 :1798.3時間(アメダスがないので、気象庁「メッシュ気候2000」による)
いずれも、日本全国の平均値を大きく上回っている。
この地域における循環可能なエネルギーによる発電ならば、上記の方法の方が合理的に思えるのは私だけか?

ならば、風力発電が東電にとって最善なのであろうか?
答えは「場所による」だろう。
助成金等々の資金調達を除くと、伊豆地区における風力発電は無いだろうとしか思えない

あと、東電も地元の政治にもうちょっと注意した方が良いとも思う。
貴方が頼った町長に対する不満は、地元に鬱積しているのだから…
せめて議会を通さないと後で揉めるよ

-------------5/1 追記-------------
知人から指摘を受けましたので、追記
河津町では、先月の町長選挙で「あの町長さん」が落選。
前町議会議長が新町長に選出されたとのこと。
さて、今後どう進展しますやら…

|

« 既視感 | トップページ | ソフトエネルギー・パス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう少し勉強した方がよさそうですね。

①風車で発電された電気はすべて伊豆で使われる。
②変電所は水源地とはまったく関係無い場所に作られる。
③白田川には既に水力発電所がある。
④風車と同じ量の電気を太陽光で作ろうとすると投資金額は少なくとも6倍以上になる。
⑤議会の議決を要する内容では無い。また、地元の4つの町内会がすべて同意している。

投稿: 通りすがり | 2010年4月30日 (金) 20時59分

なんか勘違いされているようですね。
リンク先の内容もお読みになっていただきたいものです。

②項「変電設備」を一般の発電所→変電所という意味だけに捉えておられませんか?
誤解を招く表現だったかもしれませんが、風力発電(に限らず)出力の安定化設備は必要なはずですがね。

③項の御指摘は、誤読ではないですか?私は「伊豆に水力発電所がない」とは書いておりませんよ。

それから④項
コスト云々については、過去に「原子力発電」という代物がございます。
さらに、コストを云々するのであれば、住民の安全や当該地の主要産業である観光資源の価値縮小のコスト換算も考慮してみたらいかがですか。

(尚、今後さらに投稿されるなら「通りすがり」に類似する捨てハンでの投稿はご遠慮願います)

投稿: とみんぐ | 2010年4月30日 (金) 23時22分

お久しぶりです。
見には来ていました。

関係ない内容にTBつけてすみません。
わたしの若い頃、「ソフトエネルギーパス」って考え方があったけど、どうなったかしら。

つまり風車と同じ量の電気を太陽光パネルで作るなんて考えないで、各戸に小電力の太陽光パネルを設置してある程度の消費量を賄う。直接に水を熱で暖めるローテクも含めると、けっこう省エネというか創エネになるんじゃないかな。(ただし設備、製品を作るのにもエネルギーがいるからトータルの省エネ効果計算は難しそう)

風力発電は、政策判断としたら、それがあるほうが景観に名物がうまれるというような計算もあったのことではないでしょうかね。純粋にエネルギー政策上の話かなあ。

投稿: kuroneko | 2010年5月 5日 (水) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224266/48222722

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆に風車は似合わない:

» あさって歴史が変わる [みんななかよく]
 緊急、毎週金曜日連続首相官邸前行動に、多くのご参加を!  ”今こそ、沖縄の民意を最優先すべきです    名護市辺野古への基地建設断念を求めます          「キャンプ・シュワブ陸上案」も論外です              普天間基地の無条件返還を求... [続きを読む]

受信: 2010年5月 5日 (水) 16時49分

« 既視感 | トップページ | ソフトエネルギー・パス »