« 言い得て妙 あるいは おまいう? | トップページ | マイナンバーカード »

2022年7月 9日 (土)

それはそれ、これはこれ

法律の規定により、今日中にUPしなければならないのがきつい。。。

 

元総理大臣の殺害事件発生により、いろんな風説が流れている。(衆院議員の米山氏のTWをみると「真の犯人」を捜しているものがいろいろ、氏に絡んでいるみたいだ)

ともかく、

今回の事件はが社会に悪影響を及ぼす犯罪であり、犯人の行動は非難されなければならない。

これは大前提である。

だが、これにより、明日の参院選挙において特定政党に対する「お弔い」投票が増えないことを切に期待する。

それはそれ、これはこれ である。

 

現在の日本の国政レベルでは政党政治が行われている。

したがって、国政では各政治家個人の識見、行動より、所属政党の識見が優先される。候補者が「いい人」であっても、所属政党によっては「いい人」が悪い政策を支持することになるのである。

かつ、与党の考え方は「多数決=民主主義、正義」である。反対意見に耳を傾け、妥協点を模索し、納得を得るための努力を惜しまないという姿勢を見せず、多数決により「迅速な意思決定」を図ってきた。このやり方を主導してきた政党の党首として長期間政権維持をしていたのが、今回の事件の被害者であることも、残念ながら、事実である。

 

投票にあたり、過去の実績から、未来を選択する。これが選挙の意義であろう。

さて、現在の与党のこれまでの政策やスキャンダル対応を振り返ってみよう。

一応断っておくが、私は現政権に批判的な視点から見る傾向がある。

 

・「道徳」を、採点評価の対象となる教科化

・与党が国会に招致した参考人でさえ違憲と指摘した、安保法制の変更

・言い出しっぺの経済学者(人材派遣会社の会長)が否定した、トリクルダウンによる豊かさの実現

・何回現地の住民が拒否の意思を示しても強行を続ける、辺野古基地建設

・上に捕捉すると、軟弱地盤の存在が明らかになり、工期も予算も水膨れ放題の辺野古基地建設

・結局ごまかした森友・加計。森友訴訟の資料非公開(認諾)は、国費の不当使用ではないかな。

・国債濫発&ETF投資による日本企業の準国有化の進行と、円安インフレ。

・現在の与党が政権をとってから減り続ける国民一人当たりの所得(昨年はコロナ対策のじゃぶじゃぶ配布で一時的に増えたけど)

・それでも言い張る防衛費倍増

 

(最初に戻る)

それはそれ、これはこれ である。

現在の与党の政策により、豊かさをつかんでいる人も、もちろんいるでしょう。

そうじゃない人もいるでしょう。

これからの豊かさを追求するに値する政党を選びましょう。

 

|

« 言い得て妙 あるいは おまいう? | トップページ | マイナンバーカード »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言い得て妙 あるいは おまいう? | トップページ | マイナンバーカード »