« 2022年7月 | トップページ

2023年6月

2023年6月16日 (金)

マイナンバーカード

近頃話題のマイナンバーカード、

最初に言っておくが、私は作っていない。

その理由について以下記述しようと思う。

さて、私がマイナンバーカードを作らなかった最大の理由は「面倒くさい」の一点である。

昨年から今年の初めにかけて、カードを作らせるための餌が大量にまかれたが、一向に関心を持てなかった。

とにかく還元手段にリーチできないのだ。私の環境ではポイント還元となるクレジットカードやポイントカードは1種類に限定される。
スマホを持っていないからQRコード決済は論外、還元目的でスマホに乗り換えるのは筋が違うし、金がかかる。現時点で携帯(通話+SMS)の環境で不自由を感じないのだ。

クレジットカードも現在所有しているカードは還元対象外、わざわざもう一枚作るのも、やはり面倒くさい。

ポイントカードもしかり。ポイントカードを作っただけでは還元にありつけない。

だったら作る必要はないと判断し、今に至る。

 

そもそも、マイナンバー制度に強引にマイナンバーカードをくっつけるということに大きな違和感があった。

私の理解では、マイナンバーは金融機関の口座の名寄せを主たる目的として、それにより徴税業務の効率化を図るというものであった。事実として、マイナンバー通知カードが到着次第その番号を報告するように社内通達が発せられ、その理由として「給与支給手続きに必須」とされたのが、当時在籍した会社だった。

そこにマイナンバーカードをくっつけて何をしようというのか?疑問だったが、新経済連の提言等により、個人情報をほぼ無制限に民間に提供するためのアプローチだと理解した。

あと、マイナンバーカードの発行から運用について「無駄な公共事業」の匂いがぷんぷんしている。

この理解から、マイナ保険証への強制切替は論外と考えている。また、マイナンバー制度自体が浸透していない中でマイナンバーカード所持を強要するがごとき行為により、予想された通りの諸問題がマスコミで報道されているのが現時点の状況だろう。

 

昨今の報道で一番笑ったのちに「やはりデジタル庁のトップは馬鹿だ」と認識したのが、マイナンバーカードと金融機関の口座は1対1が原則とし、「新生児は口座なんてないだろ。その子の保険証はどうすんじゃい」という質問に詰まってしまった件。

あと、口座の紐付け入力ミスなどは当然に予測できた事態で、それを「ヒューマンエラーであってシステムの問題ではない」と言い切れる馬鹿さ加減。そういったエラーを起こさないための処理を組み込んだシステム構築をするのが常識ではないかと、某社の自営通信網運用体制構築をやった経験者としては思う次第。

 

そもそも論として、マイナンバーカードの取得は「任意」だったはずである。国民全体に保障されている医療サービスを受けるため必須となる保険証について、マイナンバーカードに紐付けることを強要する以上、そこにはマイナンバーカードを持たない人に対するサービスの低下を招かず、そのうえでマイナンバーカードを持っていれば有利となる状況が生まれることを、きちんと説明することが最初に必要だったことだ。

これをさぼるから、現在の支離滅裂な状況説明になっているのである。

要するにマイナンバーカードと保険証の紐付けを一旦中止して出直せ ということだ。

 

さらに、そもそも論を掘り下げるなら、デジタル庁の本務は何か?ということになる。

行政のDX化による運営の効率化が目的ではなかったとでもいうのだろうか?(言いそうな気はする)

先日、世を騒がせた事件の裁判記録が破棄されたということが話題になった。

法務省としては保管場所等々の問題が破棄につながったということだろう。それこそデジタル庁の出番だったことだ。

そのような問題が公文書保管について回っているのが今の日本だ。これこそデジタル庁が活躍すべき場所だ。

ここで実績を積んでから。マイナンバーカードを繰り出せば、まだ抵抗は少なかったろう。

そうでなかったから、私は先に述べた「無駄な公共事業」の匂いを嗅いでしまったのだ。

 

ま、この辺りは「歴史」ということを軽んじる今の一部の政治や官僚には理解できるはずもなし。

河野大臣は次期総理候補として人気があると聞くが、こういう様を露呈した点で「危ない」人物と、私は再認している。

※朝令暮改はできないと言い張るなら、陸上イージスの件は何だったのかと問い直そう。改むるに憚ることなかれという言葉もある。

 

| | コメント (0)

« 2022年7月 | トップページ